先輩インタビュー

Profile

稲畑 良太2013年入社

京都タワーホテル 宴会セールス部
龍谷大学 文学部 哲学科 卒業

自分の成長を実感
理想のホテルで働き挑戦する日々

宿泊やレストラン、宴会など多様なニーズを持つお客様と接することが出来る。そして、スタッフとして幅広い知識とスキルを身につけられる。それが、さまざまな接客業がある中でホテルの仕事に興味をもった理由です。その中で当社を志望したのは、就職活動中に現在の勤務先となった京都タワーホテルを訪れた際、とても親しみやすい雰囲気で、自分が働きたいホテルのイメージと一致したからです。国内のみならず海外でも知名度が高い観光スポットであるという点も魅力でしたね。
私が所属するのは、会議や忘新年会などのイベントを行う企業・団体のお客様に対してアプローチする、宴会セールス部です。部署内には、電話やインターネットでのお問い合わせに対応する内勤担当と、お客様を訪問してセールス活動をする外勤担当があり、私は京都を中心とした外回りを担当しています。もともと営業職に興味があり、チャンスがあれば経験してみたいと思っていたので、難しいこともありますが、充実した毎日を過ごしています。

フロントから営業職に挑戦   
考え、動く仕事の楽しさを実感

自分の中で大きな挑戦だったのは、フロントから異動し、現在の宴会セールスに携わるようになったことです。フロント時代は宴会の部署と関わる機会が少なかったのですが、どんなことをしているのかすごく関心がありました。そんな時、上司から「やってみないか」と声をかけていただき、迷わず希望しました。
しかし、異動当初は戸惑うことも少なくありませんでした。フロントはお越しになるお客様への接客が主な業務ですが、セールスの場合はお客様のニーズを汲み取り、イチからかたちにしていかなければなりません。「できる限りリーズナブルに」というご要望をいただくことも多々あります。そういった場合、お互いがプラスになるように交渉するためには、納得感のある提案や付加価値のあるサービスを提供することが重要です。
また、ご提案したプランを実現できるようホテル内の関連部署との調整も重要な業務。こうして経験を積むうちに、自分で考え、動くことの楽しさを感じるようになりました。大変なこともありますが、提案をかたちにしていくプロセスや、受注した時の達成感はこの仕事ならではの醍醐味だと思います。

ニーズに合った提案を心がけて
新規のお客様を開拓

セールススタッフにとっての大きなチャレンジ。それは新規のお客様の開拓です。多くのお客様はすでに付き合いのあるホテルや宴会場があります。そこをきり崩すべく、いかに当ホテルの特長をアピールするかが腕の見せ所。そのために、価格やハイスペックなサービスで訴求するだけではなく、お客様のご要望に沿ったきめ細かな“おもてなし”をお届けできるよう心がけています。
誠意をもって接し、満足度の高いサービスを提供することによって、今度はお客様の方からご予約の電話をいただけることもあります。信頼関係が構築でき、「プランの内容については稲畑さんにお任せします」と言っていただけた時は、ガッツポーズが出るほど嬉しいですね。今後も頼っていただけるお客様を増やし、ホテルのセールススタッフとして成長していきたいと思っています。

学生の皆さんへのメッセージ
どんな職業も、お客様のリクエストに素早く応えることができる人は信頼を得られます。特にお客様とダイレクトに接するホテルの仕事は、そうした対応力とコミュニケーション力が重要な要素となります。ビジネスパーソンとして多くのことを吸収し、成長していきたいと考えている方にとって、当社は多くの学びとやりがいがあるはずです。

その他の先輩を見てみる