先輩インタビュー

Profile

饗庭 勝2016年入社

琵琶湖ホテル レストランサービス部
龍谷大学 社会学部 地域福祉学科 卒業

「おもてなし」の精神に惹かれ
理想の仕事と出会う

大学時代に福祉の勉強をする中で、人を笑顔にできる仕事に就きたいと思うようになりました。そんな時「おもてなし」という言葉が流行り、その言葉の意味を調べるうちに、日本人が大切にしている文化や“こころ”に惹かれました。そしてこの、おもてなしを高いレベルで実践できるフィールドが、ホテル業界だと考えたのです。
また一方で、滋賀のまちづくりのサポートをするボランティア活動を通じて、滋賀の素晴らしさを多くの人に伝えたいという気持ちもありました。この二つの希望を実現できるのが、滋賀に根ざしている琵琶湖ホテルだったのです。大学の先生に相談したところ、その先生は琵琶湖ホテルのファンで、「スタッフさんが素晴らしいから」と勧めてくださり、「ここしかない!」とエントリーしました。

本当に心地よいサービスとは何か
自問した経験が生きる

私が担当しているのは、イタリアンレストランでのサーバー係です。接客がメインですが、並行して朝食・ランチ・喫茶・ディナーの準備を行いますので、1日のスケジュールを組み立てて効率よく動くことが求められます。もちろん接客マナーの他、料理やお酒に関する知識も必要なので、現在猛勉強中です。
こうしてレストランで働く中、日々接客の奥深さを感じています。例えば料理の案内をする場合でも、詳しい説明を求められるお客様もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。入社当初、自分では“お客様のため”と思ってしたことがお客様の気持ちにそぐわず、お叱りを受けたことがありました。その日の夜じっくりと振り返り、自分の一方的な気持ちだけで、お客様との距離をつめてしまったことが原因だったと気づきました。それからは、お客様がどのようなサービスを求めているのかをファーストアクションで見極め、ニーズに合った接客を行うよう意識するようになりました。まだまだ一人前とはいえませんが、お客様に喜んでいただけることがモチベーションになっています。

琵琶湖ホテルという看板を背負い、
誇りをもって働くことに喜びを感じる

日々働く上で大切にしているのは、私がホテルの仕事を目指すきっかけとなった「おもてなし」の心を忘れないことです。それは、お客様に直接ご提供するサービスだけでなく、身だしなみや笑顔なども含まれます。私自身は琵琶湖ホテルのいちスタッフですが、お客様にとっては、私の接客が琵琶湖ホテル全体の印象につながるということを忘れたことはありません。それが、自分の仕事に誇りをもつことにもつながっています。
私が実感した琵琶湖ホテルの魅力は、スタッフがとても温かく、より良いサービスを提供するために一丸となって働いているところです。それは、人と人のつながりを大切にする滋賀の魅力とどこか通じるところがあるかもしれません。
今後の目標は、まずソムリエの資格を取得すること。そして、ホテルコンシェルジュになることです。そのためにレストランをはじめ、さまざまな部署・ポジションで経験を積んで、ホテルについての理解を深めていきたいと考えています。

学生の皆さんへのメッセージ
どんな仕事に就いても、仕事をする中で大変なことやつらいことがあると思います。でも、その先にある、大きな達成感や充実感はなにものにも代えがたいはずです。琵琶湖ホテルをはじめとする京阪ホテルズ&リゾーツには、素晴らしいお客様や先輩方との出会いがあります。みなさんがホテルというフィールドで、共に真のおもてなしの精神を学び、実践する日が来ることを楽しみにしています。

その他の先輩を見てみる