先輩インタビュー

Profile

木南 香菜2011年入社

京都タワー タワー事業部 主任
京都産業大学 文化学部 国際文化学科 卒業

お客様の笑顔が
積極的な自分になれたきっかけ

学生の頃から、大好きな京都の魅力を発信する仕事がしたいと思っていました。同時に、アルバイトを通じて接客の楽しさを知り、これを自分の職業にしたいという希望も芽生えていました。当社は京都のランドマークである京都タワーを運営しているので、そんな私のイメージにズバリ当てはまったんです。大学の進路センターから当社で働いている先輩を紹介してもらい訪問したところ、とてもアットホームな雰囲気で、若手社員ものびのびと活躍できる職場だと分かり、エントリーをしました。
入社してから数年は、京都タワーにお越しになったお客様への案内を担当。お客様は年齢も国籍もさまざまで、最初は思うようにできないこともありましたが、先輩のアドバイスや案内をお手本にして、スキルの向上に努めました。
さらに休日には京都の観光スポット巡りをして、おすすめポイントを案内に取り入れることも。「自分がやりたいと思っていたことをして、お客様が喜んでくださるなんて、何て素晴らしい仕事だろう」と今でも思っています(笑)

自らデザインしたグッズが
商品化されてヒット

京都タワー展望室での接客担当を経て、現在は京都タワー関連の商品企画やイベントの実施、展望室運営のオペレーション業務を担当しています。商品企画は、展望室にあるショップで販売するグッズが対象です。京都タワーはマスコットキャラクター「たわわちゃん」のグッズをメインに展開していますが、新たなオリジナルキャラクターを加えて、さらにお客様に喜んでいただこうということに。そこで、京都タワーのフォルムをあしらった「京都タワーベア」を私がデザインしたところ、採用となり、ぬいぐるみなどのグッズが展開されることになりました。
イベント業務では個人のお客様を対象とした、展望室を貸し切ることができる「プロポーズサポートプラン」や「カラーライトアップ」などの進行管理を行っています。
その他のイベントもメディアでたくさん取り上げていただき、担当スタッフとしてとても嬉しく思っています。これからもお客様の意見を参考にしながら、京都タワーをもっともっと魅力的なスポットにしていきたいです。

さまざまなことに積極的に関わることが
今の自分のテーマ

今の私のテーマは、「いろいろなことに積極的に関わる」ことです。京阪ホテルズ&リゾーツ共通のサービスやルールを決めて実践するようはたらきかける「KSSプロジェクト」への参加もその一環。プロジェクトでは、身だしなみや挨拶、言葉遣いなど接客マナーの基本となるツールづくりと、現場で定着させるための活動に携わっています。
異なる部署のスタッフと協力して活動することで、自分だけでは気づかなかったアプローチや発想に触れることができ、とても刺激的です。通常の業務だけだと、どうしても“慣れ”ができて、そこに留まってしまいがちですが、こうした他部署との協働作業が次のステップアップにつながるのだと思います。そういった意味でも、会社が統合して新しくなり、他部署との交流が活発になったことは社員にとってとても嬉しいことです。これからもフレッシュな視点で物事をとらえ、当社の採用コンセプトでもある「自分超越」に挑んでいきたいです。

学生の皆さんへのメッセージ
職場には素敵なアイデアをもつ仲間がたくさんいて、毎日新しい発見があるのでとても楽しいです。お客様に喜んでいただけるサービスを提供する最初の一歩は、こうした職場環境なのかもしれません。当社はキャリアを問わず意見を交わすことができるので、共に知恵をしぼって魅力的な商品や空間をつくっていきましょう。

その他の先輩を見てみる