イメージ

【THE THOUSAND SALON】茶の湯の作法と美学にふれるカルチャースクール|講師によるレッスン、お座敷でのお点前体験 季節のお茶菓子つき

茶の湯ワークショップイメージ

THE THOUSAND KYOTOでは、2022年6月より、カルチャースクール「THE THOUSAND SALON」を定期開催しております。

第二弾は淡交社とコラボレーションした、茶の湯の作法と美学にふれるカルチャースクール「こころに一服、はじめての茶の湯」。招かれた席で自信を持って楽しめる「茶の湯の基本的な作法」はもちろんのこと、一服のお茶を通じて、自分の内面を静かに見つめ、他者や自然との調和を大切にする、茶の湯文化に流れる美学にも触れていただける内容です。

講師には、裏千家の先生をお迎えし、館内のレストラン 日本料理「KIZAHASHI」の和室で実施します。

「こころに一服、はじめての茶の湯」 概要

■開催日
2022年7月4日(月) ※以降毎月1回実施(8月以降の実施日は後日告知)

■時 間
18:30~20:00 (所要時間:約90分)

■料 金
4,400円/1名様/1回参加(サービス料・消費税込)
4回参加の場合16,000円/1名様(サービス料・消費税込)のお得なコースもございます。
※講習の基本的な内容は各回で変わりません。季節のお茶菓子が変わります。

■場 所
日本料理 「KIZAHASHI」 個室 (THE THOUSAND KYOTO 2階)

■お申込み
開催前日の18時まで (前日よりキャンセル料100%が発生いたします)
こころに一服、はじめての茶の湯
ご予約はこちら

株式会社淡交社 について

昭和24 年(1949 年)の設立以来、淡交社は茶道をはじめとする日本文化のすばらしさを伝えることを目的とし、『淡交』『なごみ』などの出版に限らず、茶道具や和装、和雑貨の企画・制作・販売、茶室・茶庭の設計、施行、カルチャー教室・旅行の運営など、様々な事業を通して国内外へ日本文化を発信しています。

また近年では、多くの方々に茶の湯の魅力を知っていただくための茶の湯体感施設「茶瑠CHALYU」の運営など、日々新たな文化発信を続けています。

「THE THOUSAND SALON」について

THE THOUSAND SALONロゴ

千年の都・京都の知恵や美学をはじめとする、さまざまな教養やたしなみを、もっと楽しく、もっと多くの世代へ。地元の方々、ホテルに宿泊されるお客様、そして京都を楽しむすべての皆様がつながり合う新しい場として、ホテルのカルチャースクール「THE THOUSAND SALON」を2022 年6月より開講しました。

第一弾:ホテルのシェフソムリエ・岩田 渉による「ワイン学入門」について詳しくはこちら


※画像は全てイメージです。

当サイトでは、お客様の利便性や品質向上のためCookie技術を使用しています。サイトの閲覧を続けることでCookieの利用および Cookieポリシーに同意したものと見なします。EEAから本サイトにアクセスされる方はこちら