ホテルコンセプト - Nostalgic Journey | 京都センチュリーホテル【公式】
イメージ

HOTEL CONCEPT
ホテルコンセプト

宿泊予約

チェックイン
チェックアウト
1室あたりのご利用人数
お問合せ 075-351-0111

レストラン予約

レストラン総合受付 075-351-0085

扉の向こうに一歩足を踏み入れると
ふと懐かしさがこみあげてくる。
すぐそこにある駅の喧騒を忘れさせる
重厚で開放的な空間。
一つひとつから手仕事のぬくもりが伝わる
調度品の数々。
ここでしか出会えないものに触れ
訪れるたび思い出が増える。
定宿にしたくなる自分の居場所がそこにある。

Beyond these doors, a sense of nostalgia greets you.A dignified yet open space, far removed from the hustle and bustle of the station.Furnishings that offer the warmth of handmade craftsmanship. Each visit will enrich your memories of its uniqueness.Here is a home away from home where you will want to stay time and again.

京都の玄関口となる駅ホテルの誕生
The station hotel that forms the entryway to Kyoto

京都の玄関口となる駅ホテルの誕生
The station hotel that forms the entryway to Kyoto

1928(昭和3)年、昭和のご大典(昭和天皇の即位式)の慶祝事業として、京都商工会議所などが整備した京都ステーションホテルが11月1日に開業した。1階は京都の名産品の展示即売場として使われ、2階から5階をホテルとして営業。京都御所で執り行われるご即位の礼で昭和天皇をお迎えするにふさわしい京都の玄関口の顔としての役割を果たした。敗戦に より1945(昭和20)年10月から米軍宿舎として接収されたが、1952(昭和27)年9月に接収が解除され、営業を再開する。

Kyoto Station Hotel was founded in November 1st, 1928 by the Kyoto Chamber of Commerce and Industry to celebrate the enthronement of His Majesty Emperor Showa. The first floor was used to exhibit famous products, while the second to fifth floors were operated as a hotel. The hotel served as the face of Kyoto's entryway, one appropriate to greet the Emperor on his arrival for the ceremonies at the Kyoto Imperial Palace. After the war, it was requisitioned by the Allies in October 1945 to billet American soldiers, but in September 1952, it was returned to its owners and reopened.

京都の美意識に満ちた空間、
贅を極めたホテルへ
The zenith of luxury, replete with Kyoto's aesthetics

京都ステーションホテルは1984(昭和59)年5月に閉館し、その役割を終える。 そこからさかのぼること3年前。1981(昭和56)年4月、京都ステーションホテルから南東に100mほど離れた場所に開業した京都センチュリーホテルがその理念を継承し、新たな歴史を刻み始める。吹き抜けのロビーには、京都の伝統工芸の粋を集めた調度品が飾られ、今も変わることなく京都を訪れた人を迎える。京都に現存するホテルとして3番目に古い歴史を持ち、もうすぐ1世紀が経とうとしている。

Kyoto Station Hotel closed its doors in May 1984. But three years before, in April 1981, Kyoto Century Hotel had opened, inheriting the older hotel's principles and beginning its own history. The lobby atrium is filled with furnishings representing the pinnacle of Kyoto craftsmanship, welcoming guests to the eternal city. The third-oldest hotel in Kyoto, we will reach our century soon.

1981年にオープンしたメインバーESSEX。 照明を落とした空間は都会の隠れ家を思わせ贅沢な時間を過ごす大人たちのたまり場となった。棚を飾ったのはスコットランドの 蒸留所で造られたオリジナルウイスキー「ESSEX」。ボトルキープの数は500以上に及んだ。映画制作のため京都を訪れ、ホテルを 定宿にした名優たちも1日の疲れを癒しに来店し、ご結婚前から通い続けていたご夫婦はバーのスタッフと家族ぐるみの付き合いと なり結婚式にも招待された。30年以上前の縁は今なお続く。当時の看板は、新しくなったESSEXにかけられその歴史を受け継いでいる。

Our main bar, Essex, opened in 1981. The dimly-lit space brings to mind a secluded urban residence. The shelves are decorated with Essex, our original whisky blended in Scotland. Famous actors visiting in Kyoto to shoot movies stay here and soothe their weariness at this bar each day. A couple who frequented Essex since before their marriage ended up inviting bar staff to their wedding as friends. This relationship, more than thirty years old, is still going strong. The original sign has been re-hung in the new Essex, a reminder of its history.

かんじんの京灯り
Light of Kyoto’s Essence

アートの一つひとつに京都の歴史が息づく
Each work of art is a breath of Kyoto's history

アトリウム正面の壁面に飾られているのは、縦7メートル、横2.7メートルの西陣織によるタペストリー。京都を新たな解釈で表現した「新世紀京都花絵地図」の図柄が織り込まれている。アトリウム中央では、高さ4.8メートルにも及ぶ「かんじんの京灯り」が柔らかな 光を放つ。軸は京金工芸の技法の一つ、へら絞りによって造形がほどこされ、セードの意匠には京木工芸で京都の山並みが描かれている。内側にはタペストリーの「新世紀京都花絵地図」の配色を変えたコラージュがなされ、曼荼羅のような世界が広がる。

The side of the atrium is dominated by this Nishijin silk tapestry, 7 m tall and 2.7 m wide. Its design, “Flower Map of Kyoto for the New Century,” is new interpretation of the city. The 4.8 m tall “Light of Kyoto’s Essence” fills the atrium with a gentle light. The base was formed using metal spinning, a traditional Kyoto craft, while the pattern on the shade uses Kyoto woodworking techniques to depict the mountains around the city. Inside is a collage that plays with the colors of the tapestry, spreading out like a mandala.

アートの一つひとつに京都の歴史が息づく
Each work of art is a breath of Kyoto's history

新世紀京都花絵地図
Flower Map of
Kyoto for the New Century

京都市内の絵地図を表現した斉藤上太郎の作品。タテに流れるY字は鴨川、ホテルはかんじんの京灯りで表現されている。御所は菊紋、碁盤の目は市松、祇園はしだれ桜ー。絵地図を読み解く楽しみ、作家の遊び心のギミックが感じられる作品。

Created by Jotaro Saito, this is a pictorial map of the city. The Y-shape running down the length is the Kamo River, and this hotel is marked by the Light of Kyoto’s Essence. A chrysanthemum marks the Imperial Palace, checkered patterns show the street grid, and cherries represent Gion. The playful design is a delight to explore.

Nostalgic Journey
追憶を辿るホテル
A hotel where the past is present

遠くの非日常よりも近くの避日常。わたしたちが目指すのはすぐそこにありながらずっと過ごしたくなるようなホテル。出会った人、五感で味わった食、経験した出来事の数だけ記憶が刻まれ、過ぎた時間に思いをはせながらまた訪ねたくなる。そんなホテルであり続けたい。

Your nearby refuge from daily routine. Our goal is to be a hotel close at hand and yet where you want to remain. The people you meet, the foods you enjoy with all five senses, the events you experience—all become engraved in your memories, making you want to come again to relive times past. That is sort of hotel we wish to continue to be.

ちょっとした旅に出るように
今日もホテルに向かう。
日々の疲れを癒すひととき
ぬくもりと優しさに抱かれ
ありのままの自分を取り戻すために
ふと還りたくなる場所。
自分らしい人生の旅が
またここから始まる。

Heading once more for the hotel for a short break.What you seek is a soothing warmth and a welcome that envelopes you with kindness.A place you will want to return to, where you can relax completely.And one from where a new journey will depart.