• 宿泊
  • レストラン
  • ウェディング
  • 宴会・MICE
  • アクセス

環境活動への取り組み

環境活動に日々取り組んでおります

当社は開業(昭和56年)当初よりレストランや宴会で出る生ゴミを約1/5に低減するシステム(当時のホテルでは珍しい)を導入し、排出ゴミ削減に取り組んで参りました。また、従業員のエレベーター利用を自発的に控え、消費電力の抑制等も慣例的に行って参りました。

平成8年(1996年)からは地球環境保全が企業の社会的責任(CSR)を果たす上でもまた、当社の経営戦略上からも重要であることを改めて認識し、環境負荷低減の方法について検討を開始しました。これらの活動内容の一端を次に報告いたします。

KES(京都環境マネジメントシステムスタンダード)認証取得

KES(京都環境マネジメントシステムスタンダード)
京都センチュリーホテルは2005年9月、京都環境マネジメントシステムステップ2の認証を取得いたしました。「環境にやさしいホテル」を目指して、「環境経営マネジメントシステム」を構築・運用しています。

< 環境宣言 >

○基本理念

  株式会社京都センチュリーホテルの全従業員は、「地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであること」を認識し、当社を利用される全てのお客様に御理解と御協力を いただきながら、経済効果とのウエルバランスを保ちつつ、全組織を挙げて環境負荷の低減及び環境保護に努めます。

○方針

  株式会社京都センチュリーホテルは、宿泊・宴会・レストラン・物品販売等当社を利用される全てのお客様に心行くまでご満足いただくための安心・安全かつ快適な環境を提 供するなかで、全てのサービス活動が環境に及ぼす影響を改善するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  1. 当社の活動・製品及びサービスに係わる環境影響を常に認識し、環境汚染の予防及び環境保護を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。 なお環境保護には、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候への適応、などを含みます。
  2. 当社の活動・製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守し、環境保全の向上に努めます。
  3. 当社の活動・製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取組みます。
    1. 電気使用量の削減
    2. 水の使用量の削減
    3. 生ごみ排出量の削減
    4. ホテル館内及び周辺清掃活動
    5. 京都駅周辺を美しくする会参加
  4. 一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を組織の全員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。

上記の方針達成のために、環境改善目標を設定するとともに、定期的に見直し環境マネジメント活動を推進します。

制定日 2005年 4月25日
改定日 2015年12月1日
株式会社京都センチュリーホテル
代表取締役社長 山下 剛史

KESとは?

オンライン宿泊予約

チェックイン日

チェックアウト日

人 数

室 数


  • 当日予約
  • プラン予約
  • 京阪グループ新規会員
  • 京阪グループホテルログイン
電話でのご予約
ぐるっとVIEW
page top