イメージ
STAY
ご宿泊

宿泊予約

チェックイン
チェックアウト
1室あたりのご利用人数
お問合せ 075-351-0111

レストラン予約

レストラン総合受付 075-351-0085

ノスタルジックタクシー
抹茶マニア

anniversary_210519.jpg


茶はスイーツのみにあらず。

抹茶マニアのみなさまへ、茶道具から抹茶の粉、抹茶に合う和菓子、茶道体験まで

お客様のご要望に合わせて、ドライバーがおすすめをご提案いたします。


【コース一例】

こちらは抹茶マニア コースの一例です。
お客様のお好みをヒアリングし、当日ドライバーがお店をご提案いたします。
※店休日などによりご希望に添えない場合がございます。予めご了承ください。


anniversary_210519_2.jpg


京都センチュリーホテル前で待ち合わせ。希望をドライバーさんに伝え、センチュリーベアたちと一緒に、 抹茶の旅に出発!



anniversary_210519_2.jpg


今回は、「京都のお茶屋さんの抹茶を味わいたい!」とリクエスト。
まずは、京都で300年以上続く日本茶専門店、 一保堂茶舗へ。



anniversary_210519_2.jpg

店内には、墨で書かれたお品書きや大きな茶壷が並び、 まるでタイムスリップしたような雰囲気。
ふらっと立ち寄り、普段使いのお茶を注文する ご近所さんの姿も。



anniversary_210519_2.jpg

お店の奥の喫茶「嘉木」で、さっそくお抹茶を。 今回いただいたのは「雲門の昔・濃茶」。
味わってみると、とろっと濃いのに 渋みや苦みのキレよりも、 静かに広がる柔らかな甘みが印象に残りました。
お茶の香りがふっと鼻に抜け セットの和菓子ともよく合います。



anniversary_210519_2.jpg

続いて、濃茶の「立て直し」を体験。
お店の方に教わりながら あたたかいお湯と茶筌で立て直し、 お抹茶を最後の一口まで余すところなく 味わえました。
お茶屋さんらしい気遣いです。



anniversary_210519_2.jpg

茶室のような空間の喫茶でほっこり。



anniversary_210519_2.jpg

お店で先ほどいただいたお抹茶を発見。
お洒落なパッケージは、お茶の特徴やシーンをイメージして それぞれ個別にデザインされているのだとか。
どれにしようか迷っていると、 お店の方がお茶について気さくに 教えてくださいました。



anniversary_210519_2.jpg

テイクアウトメニューを注文していく方も。
抹茶や玉露と一緒に近くをお散歩、 なんて過ごし方も素敵かも。



anniversary_210519_2.jpg

お買い物もできて楽しかった!
さて、次はどんなお抹茶処に連れて行ってもらえるのかな?



■ご予約・お問い合わせ
TEL:075-351-0111 (ホテル代表 10:00~19:00)


お申し込みはこちら