イメージ

大人なおこもりステイの過ごし方5選|素敵なおこもりプランもご紹介

インルームダイニングの画像

おこもりステイとは、ホテルや旅館にこもって特別な時間を過ごすこと。海外旅行が難しい時勢の中、国内のホテルで過ごす「新しい旅のカタチ」が増えています。

旅をしてきた大人が今求めるのは、「贅沢なホテルステイ」かもしれません。


しかし実際、「ホテルにこもって何をするの?」と思われる方も多くいらっしゃいます。そこで今回は、ホテルにおけるおこもりステイの過ごし方をご紹介致します。

おこもりステイの過ごし方5選

ホテル内でのおすすめの過ごし方は、以下の5つになります。

  1. ホテルのアメニティを試してみる
  2. 贅沢にインルームダイニング
  3. 博識なコンシェルジュと話す
  4. フィットネスジムで体を動かす
  5. SPAでくつろぎと癒しを堪能する

1.ホテルのアメニティを試してみる

TTKアメニティ

ホテル選びの際に、女性が意外と重視するのがアメニティ。アメニティにはホテルのこだわり・コンセプトが詰まっており、高級で良質なアメニティが貰える場合もございます。

シャンプーコンディショナーなどのバス用品、頭皮にやさしい櫛、良質なスキンケア用品、深い眠りを追求したマットレス。これらのアメニティを通じて新たな体験をしていただくのが、おこもりステイの楽しみ方の1つです。

試してみたいアメニティ
・シャンプー
・コンディショナー
・スキンケア用品
・櫛
・お茶

2.贅沢にインルームダイニング

TTKインルームダイニング

お部屋の中で、シェフの提供する上質なお料理をいただくインルームダイニング。プライベートが保たれた空間で、趣向を凝らしたお食事を愉しめるのは、おこもりステイならではの体験です。

最近では電話注文形式ではなく、最初から宿泊プランに含まれている場合も。お部屋から一歩も出ず、誰に気を使う必要もなく、お料理にただ舌鼓を打つ。そんな贅沢な一時を、ぜひお楽しみください。

3.博識なコンシェルジュと話す

ホテルフロントでコンシェルジュと話す

コンシェルジュとは、お客さまのご要望を幅広く聞き入れ、解決へ導く係のこと。地域の飲食店や神社などの観光案内はもちろんのこと、誕生日サプライズのお手伝いなど、対応は多岐に渡ります。

豊富な知識と接客マナーを兼ね備えているため、宿泊時に何か困り事があれば、お気軽にお尋ねください。お客様の手助けをしてくれるはずです。

4.フィットネスジムで体を動かす

ジムで運動する女性

健康と美を重視する方々に向けて、フィットネスジムを提供するホテルが増えています。宿泊者のみ利用できる場合が多く、公共ジムほど混雑しないのが魅力です

汗をかいても自室ですぐに汗を流せるので、全力でトレーニングに精を出せるのも魅力。ジムの有無はホテル選びの軸になり始めています。

5.SPAでくつろぎと癒しを堪能する

ザサウザンドキョウトのSPA

ホテルに泊まったら、SPA(温浴施設)は欠かせませんよね。「最近疲れ気味」と感じる時は、大浴場・岩盤浴・サウナなどでリフレッシュし、心も体も美しくなりましょう。

ホテルによっては、SPAに利用上限人数が設定されているので、事前にご連絡・ご予約いただくのが確実かと思います。

京都でおこもりステイなら「THE THOUSAND KYOTO」

ザサウザンドキョウト外観

京都駅から徒歩約2分にあるホテル「THE THOUSAND KYOTO」。和食やイタリアンにカフェ・バーなど、上質で落ち着きのある空間で、快適にお過ごしいただけます

「そんなこともできるの?」といったプランも多数完備。以下でおこもりステイを充実させるプランをご紹介いたします

1.ホテルを巡る長期滞在プラン

4ホテル長期滞在プラン

京阪グループが運営する京都・滋賀の 4 ホテル(THE THOUSAND KYOTO/琵琶湖ホテル/ロテル・ド・比叡/GOOD NATURE HOTEL)の中から自由自在に宿泊先と滞在日程を選ぶことができるスペシャルプラン。

4 拠点を体験することで、行動範囲が広がるだけでなく、単なる滞在を超えた 4 通りもの「旅の体験」を味わえます。

CVボタンバナー

2.テラス付きルームステイプラン

ザサウザンドキョウトテラスランチ

テラス付きのお部屋でお食事を楽しめるプラン。シェフ特製お弁当をお部屋へお届けいたします。密を回避しながらゆったりくつろげる、おこもりステイにぴったりのプランです。

バナー1 (2).jpg

3.アート巡りプラン

ザサウザンドキョウトアートツアー

ホテル館内に飾られている作品をコンシェルジュと巡る「アートツアー」付き宿泊プランです。当ホテルのアートは、京都が持つ"自然のうつろいや美しさ"を取り入れる文化をお手本としています。

緑や風などの自然をイメージしながら、心地よいアートの数々をお楽しみいただけます

バナー1 (2).jpg

お問合せ