Close

京都近郊10分 滋賀県大津市のリゾート「琵琶湖ホテル」の宴会約款

  • TEL077-524-7111
  • menu
宴会・会議

宴会約款Stipulation

当ホテルでは、宴会・会議または催事のご利用に関しまして下記の通り規約を設けておりますので、あらかじめご了承ください。

第1条(適用範囲)

  1. 当ホテルが宴会、会議または催事(以下、宴会等と称します)及び宴会場の利用などに関して締結する契約は、この規約の定めるところによるものとし、この規約に定めのない事項については、法令または一般に確立された慣習によるものとします。
  2. 当ホテルが法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宴会等の申し込み)

当ホテルに宴会等の申し込みをしようとする場合は、次の事項を当ホテルに申し出ていただきます。

  1. 主催者名、ご担当責任者名及び住所・連絡先電話番号並びに宴会等の名称
  2. 開催日及び開催時間
  3. 人数及び内容、利用目的
  4. 申込金、精算金の支払日
  5. その他当ホテルが必要と認める事項

第3条(契約の成立等)

  1. 宴会等契約は、当ホテルが前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。
  2. 前項の規定により宴会等の契約が成立したときは、宴会等の見積金額を申込金として当ホテルが指定する日までに、現金またはホテル指定口座への振込みにてお支払いいただきます。
  3. 申込金は、まず、申込者が最終的に支払うべき宴会等の料金に充当し、第6条及び第12条の規定を適用する事態が生じたときは、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額があれば精算の際に返還します。
  4. 申込金を当ホテルが指定した日までにお支払いいただけない場合は、宴会等の契約はその効力を失うものとします。ただし、申込金の支払期日を指定するに当たり、当ホテルがその旨を申込者に告知した場合に限ります。

第4条(申込金の支払いを要しないこととする特約)

  1. 当ホテルは、契約の成立後前条第2項の規定に関わらず、申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。
  2. 宴会等の契約の申し込みを承諾するに当たり、前条第2項の規定に関わらず、当ホテルが申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払期日を指定しなかった場合は、前項の特約に応じたものとして取り扱います。

第5条(宴会等契約の締結の拒否)

当ホテルは、次に掲げる場合において、宴会等の契約の締結に応じないことがあります。

  1. 申し込みが、この「宴会のご利用について(宴会催事規約)」によらないとき。
  2. 宴会場等の余裕がないとき。
  3. 宴会等に出席しようとする者が、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
  4. 宴会等に出席しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  5. 宴会等に出席しようとする者が、当ホテルもしくは当ホテル従業員に対し暴力的要求行為を行い、あるいは合理的範囲を超える負担を要求したとき。
  6. 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宴会場等を使用できないとき。
  7. 宴会等に出席しようとする者が泥酔等により、他の利用者に迷惑を及ぼすおそれがあると認められるとき、及び宴会等に出席しようとする者が他の利用者に迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  8. 契約の当事者及び宴会等に出席しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体もしくは関係者、その他反社会的勢力、暴力団もしくは暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体、法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるとき。
  9. 宴会等への出席者等に対する抗議行動、嫌がらせ等が予想され、他の利用者や近隣地帯等に迷惑を及ぼすおそれがあると当ホテルが判断したとき。
  10. 第14条に定める禁止事項に従わない旨を表明したとき。
  11. 関係諸官庁より特別指示のあるとき。

第6条(申込者の契約解除権)

  1. 申込者は、当ホテルに申し出て、宴会等契約を解除することができます。
  2. 当ホテルは、申込者の都合により宴会等契約の全部または一部を解除した場合(第3条第2項の規定により、申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合にあって、その支払いより前に申込者が宴会等契約を解除したときを除きます。)は別表第1に掲げるところにより、違約金を申し受けます。
    ただし、当ホテルが特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たって、申込者が宴会等契約を解除したときの違約金支払義務について、当ホテルが申込者に告知したときに限ります。

第7条(当ホテルの契約解除権)

  1. 当ホテルは、次に掲げる場合においては、宴会等契約を解除することがあります。
    • (1)宴会等への出席者が、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、または同行為をしたと認められるとき。
    • (2)宴会等への出席者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
    • (3)宴会等への出席者が、当ホテルもしくは当ホテルの従業員に対し暴力的要求行為を行い、あるいは合理的な範囲を超える負担を要求したとき。
    • (4)天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宴会場等を使用できないとき。
    • (5)宴会等への出席者が泥酔等により、他の利用者に迷惑を及ぼすおそれがあると認められるとき、及び宴会等への出席者が他の利用者に迷惑を及ぼす言動をしたとき。
    • (6)宴会等への出席者等に対する抗議行動、嫌がらせ等が予想され、他の利用者や近隣地帯等に迷惑を及ぼすおそれがあると当ホテルが判断したとき。
    • (7)第14条に定める禁止事項に従わないとき。
    • (8)関係諸官庁より特別指示のあるとき。
    • (9)申し込みが、この「宴会のご利用について(宴会催事規約)」によらないことが判明した場合。
  2. 当ホテルは、次に掲げる場合において、何らの催告なしに直ちに宴会等契約を解除することができます。
    契約の当事者及び宴会等に出席しようとする者が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体もしくは関係者、その他反社会的勢力、暴力団もしくは暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体、法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるとき。
  3. 前2項により当ホテルが契約を解除したことにより申込者に損害が生じたとしても、当ホテルはその賠償の責任を負いません。

第8条(宴会時間と料金)

  1. 宴会場等を使用できる時間は、原則として午前7時から午後10時までとします。
    また、時間外のご使用については所定の割増料金を加算させていただきます。
  2. 宴会場等の使用について、契約時間(宴会時間)を超過した場合は追加室料が必要となります。
    ただし、会場の都合により、宴会時間の超過に応じられない場合もございます。

第9条(料金の支払い)

精算は、ホテルより提示しました総額に基いて指定期日までに現金または振込にてお支払いいただきます。
宴会当日以降にお支払予定の場合、事前にホテルの同意を得るとともに精算日をお知らせください。原則として宴会後45日以内とさせて頂きます。

第10条(有料人数の確認)

料理等を用意する人数(有料人数)は、開催日の7日前までにホテル担当係員にお知らせください。人数の変更は開催日の2日前午後6時までにお知らせください。
これ以降の変更及び宴会等の開催日に出席された人数が有料人数より減少した場合も有料人数分の料金を申し受けます。

第11条(装飾・余興等の手配)

  1. 宴会等に関連する装飾・装花・音楽・音響・照明・余興・司会及びコンパニオン等は、ホテル指定の取引先に手配させていただきます。
    申込者が直接ホテル指定の取引先以外に依頼される場合は、事前にホテルにご連絡をいただき、承諾の後にご依頼ください。
  2. ホテルの承諾のもとに申込者が直接依頼された宴会等に関する装飾・余興等について、機材の搬入・搬出または看板サイズ、その他取り付け方法等、一定のルールに従って実施していただくこととなり、ホテルより申込者が直接依頼された先に説明します。

第12条(申込者の責任)

  1. 申込者側のすべての関係者(出席者、申込者が直接依頼された先を含む)の故意または過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該申込者は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。
  2. 宴会等お申し込み時に定めた精算日までに支払いなき場合は延滞金を申し受けます。

第13条(駐車の責任)

当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の如何に関わらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。
ただし、駐車場の管理に当たり、当ホテルの故意または過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

第14条(禁止事項)

ホテル内では、他のお客様に迷惑になる下記の物の持ち込み、または行為はご遠慮ください。

  1. 犬・猫・小鳥その他の愛玩動物・家畜類等(盲導犬、聴導犬、介助犬等の身体障害者補助犬は除きます)。
  2. 危険物や火薬類。
  3. 悪臭・高音を発する物。
  4. 風紀を乱す行為または他のお客様の迷惑になるような言動等。
  5. 備品等の移動。
  6. 使用目的以外のご利用。
  7. その他法令で禁じられている行為。

【入湯税の特別徴収について】

地方税法第701条の3、701条の4、大津市市税条例第153条、154条に、『入湯税の徴収については、特別徴収の方法によらなければならない。入湯税の特別徴収義務者は、鉱泉浴場の経営者とする。』と定められております。
尚、当ホテルは所定の料金以外のお心付けは一切ご辞退申し上げます。
既にご契約いただきました宴会等を取り消される場合には、下記の違約金を申し受けます。

別表第1 違約金(取消料)
開催日の60日まで 申込金の金額
59日前より8日前まで 宴会等の見積金額の20%(税金・サービス料除く)
7日前より前日まで 宴会等の見積金額の50%(税金・サービス料除く)
当日 見積り金額の全額(税金・サービス料除く)
お電話でのご予約
  • 077-524-1511
  • 平 日 9:00~19:00
    土日祝 9:00~18:00

お問い合わせフォーム