Close

京都近郊10分 滋賀県大津市のリゾート「琵琶湖ホテル」のメニュー・プラン 詳細

  • TEL077-524-7111
  • menu
WEB会員ご登録でお得!
レストラン・バー

メニューRestaurants Menu

百人一首カクテルフェア

  • ドリンク
  • 百人一首

メニュー

  • 百人一首カクテルフェア
店舗
バー ベルラーゴ
期間
5月1日~7月13日
提供時間
18:00~22:00(L.O.21:30)
料金
¥1,400 / ¥1,800

~かがり火~¥1,400

みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ
昼は消えつつ 物をこそ思へ


【歌番号49 大中臣能宣】

『宮中の御門を守る御垣守である衛士の燃やす篝火が、夜は燃えて昼は消えているように、私の心も夜は恋の炎に身を焦がし、昼は消えているように物思いにふけり、と恋情に悩んでいます。』

パッションフルーツの情熱、カカオリキュールの甘さ、柑橘のジュースの酸っぱさの3種で恋情を表現。恋の炎をイメージしたフランベで仕上げます。

~波風~¥1,800

風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ
くだけて物を 思ふころかな


【歌番号48 源重之】

『風が激しくて、岩に打ち当たる波が自分だけ砕け散るように、私だけが心も砕けんばかりに物事を思い悩んでいるこの頃だなあ。』

強い風にふかれて砕ける波を、ライチリキュールやシャンパンでグラスの中にイメージ。別添えのグラスに小石のようなチョコレートを使い、二つのグラスで波打ち際を表現。

【百人一首】

『古今和歌集』や『新古今和歌集』等、天皇の命により編纂された勅撰和歌集の中から選ばれた歌集です。
平安時代末から鎌倉時代前期にかけて活躍した歌人・藤原定家が選んだとされています。
江戸時代に絵入りの歌かるたが誕生して一般に普及、現在では札を取る速さを競う「競技かるた」としても親しまれています。

備考

※写真・イラストはすべてイメージです。
※料金は消費税・サービス料を含んだ金額です。
※仕入れ等の都合によりメニューの内容や食材の産地等が変更になる場合がございます。
※食物アレルギーをお持ちの方は予めスタッフにお申し付けください。
 アレルギー対応の最新情報は琵琶湖ホテルホームページでご確認ください。
※全席禁煙。

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約
  • 077-524-1225
  • 受付時間 10:00~18:00

友だち追加



SNSでシェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • Pocket

WEB会員ご登録でお得!